スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズンのベスト演技

2013.04.18.23:51

今シーズンの選手たちのベスト演技をまとめました。


まずは、日本男子から。


高橋選手のベストSP

2012 GPF Daisuke Takahashi SP

やはり、グランプリファイナルのSPがベストかな。
冒頭のクワドもしっかり決めて、92.29の高得点
もう一つのSP「月光」は、3回披露しましたが、この3回の中でなら、この演技!!

Daisuke Takahashi - 2013 World Championships - SP

世選の「月光」は、初披露した四大陸よりも惹きこまれました。
ステップも全選手中、最高評価
このステップは素晴らしかった~~何度見ても素敵!!!


次に、フリーのベスト演技。

2012 National Daisuke Takahashi FS

今季は、コレに勝るフリー演技はないです
鳥肌立ちまくりの神演技でしたからね・・・得点は192.36!!!
この演技は本当に素晴らしかった・・・


お次は、ゆづのベストSP

2012 NHK Yuzuru Hanyu SP B.ESP2

NHK杯のSPを選択。スケアメ、全日本でも良かったんだけど、スケアメは最後のスピンでトラベリングしたのと、全日本は得点は最高に良かったけど、体調が悪そうだったしな~と思って、NHK杯にしました。


次に、フリーのベスト演技。

Yuzuru Hanyu - 2012 GPF FS

Yuzuru Hanyu - World 2013 - LP

GPファイナルと、世選で迷って両方選びました。ファイナルは、2つめのクワドサルコーがダブルになった以外は完璧で、パーソナルベストの演技。世選は、満身創痍の中、クワド2種を根性で着氷、その後もすべてのジャンプを降りた魂の演技でした


次は、こづのベストSPです。

SA2012 Takahiko KOZUKA SP

やっぱり、こづはスケアメのがベストです クワドも決まってるし、何度も見ちゃうのがスケアメSP。 演技後のガッツポーズもいいです!!! これはもうちょい得点ほしかった・・・


次に、フリーのベスト演技。

2012 SA Takahiko Kozuka LP B ESP

Takahiko Kozuka - 2012 GPF FS

スケアメとファイナルで迷いました。 スケアメは、クワド2つめがUR。ファイナルは2つめ転倒、だけど1つめが素晴らしい4T。
得点も両方166点台で同じくらいでしたね


織田さんのベストSP

SC 2012 SP Nobunari ODA

本当は、国体のSPが一番だと思いますが、動画が見つからない・・・あれ~?? でも、このスケカナも4-3決めてて、3Aだけが着氷乱れて残念だったけど、他は良かったです


フリーのベスト演技。

Nobunari Oda FS Bavarian Open 2013

先日紹介した、ババリアンオープンのFS。 これは、クワド2回をコンボ含めて決めてみせた、素晴らしいFSでした シーズン最後に神演技、ありがとう


次に、無良くんのベストSP。

Takahito Mura - 2012 Japanese Nationals SP

無良くんは、全日本のSPかな。4-3決めて、演技後も思わずガッツポーズが出た渾身のSP。 全日本でこれだけやれたのは大きい。このSPがあって、FSも崩れなかったから勝ち取った全日本3位の演技。


フリーのベスト演技。

2013 Takahito Mura - World Championships FS

世選のフリーは素晴らしかったです クワドはステップアウトしたけど、その他が良かった パーソナルベストの160点!!! 
SP11位から、見事FSで巻き返し8位入賞の演技でした 


まっちーのベストSP。

Tatsuki Machida SP 2012 CoC

中国杯SPは、本当に素晴らしい演技だった・・・スケアメも良かったけど。 83.48のパーソナルベストを出した演技です。
ランビ振付の、スルメプロですね


フリーのベスト演技。

Tatsuki MACHIDA FS - SA 2012

フリーは、スケアメFSですね。FSの完成形は今シーズン見れませんでしたが、このスケアメFSはフィニッシュで鳥肌立った素晴らしいプログラム。これ、名作だと思います これもパーソナルベストを出した演技です



日本男子6人、それぞれ印象深いプログラムが多かったです。

高橋選手の「道化師」 

ゆづの「パリの散歩道」

こづの「栄光への脱出」 

織田さんの「魔法使いの弟子」

まっちーの「火の鳥」 

無良くんの「Shougun」



最初はピンとこなかった「道化師」は、全日本でその世界観が完成され、名演技となり。

ムーディーすぎて気恥ずかしかった「パリの散歩道」は、見事自分のものにして。

一方、「栄光への脱出」「魔法使いの弟子」「火の鳥」「Shougun」は初めて観た時から、すぐお気に入りになったプログラムでした。


来季の6人のプログラムがどんなものになるのか、気が早いですが今から楽しみです。

ただ高橋選手と織田選手が来季で引退なので、来シーズンが来てほしくないような・・・でも新プロは見たい、という複雑な心境・・・


また来季も、この6人で激しいオリンピックの代表争いが繰り広げられるのですね・・・ 全日本は、またも胃が痛くなりそうな予感がするけど、6人とも大好きなので、全員を応援します

今シーズンは、6人それぞれ色々あったけど、素晴らしい演技が見れて良かった 来季も期待してます



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

麻須美。

Author:麻須美。
趣味は、フィギュアスケート観賞と読書。 更新は遅めですが、自分の好きなことについて気まぐれに書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村リンク☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村         にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村     
FC2カウンター
リンクについて
このブログはリンクフリーです。  ご自由にどうぞ☆ 文章の転載はお断りしております。          引用は良識の範囲でよろしくお願いしますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りリンク
                                                              
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。