スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンケ・ドラフトの本

2013.04.20.21:59

児童文学は、仕事上たくさん読みますが、最近読んでいるのがドラフト作品です。


ふたごの兄弟の物語〈上〉 (岩波少年文庫)ふたごの兄弟の物語〈上〉 (岩波少年文庫)
(2008/12/16)
トンケ・ドラフト

商品詳細を見る


「ふたごの兄弟物語」 上下巻あります。
グリムやアンデルセンなど、昔話がベースになっている物語です。

ラウレンゾーとジャコモという、そっくりだけど、性格はまったく違うふたごの兄弟のお話。
2人が15歳の時に両親が病死して、仕事を探しますが、2人一緒に働ける仕事がなく、それぞれ別の仕事に就くことになります。色々ななりゆきがあり、ラウレンゾーは金属細工師の下で、ジャコモは泥棒の親方の下でそれぞれ教わることになります。

そんな2人が、盗難事件にまきこまれたり、同じお姫さまを好きになったり・・・。いつも一緒の2人は、事件がおこるたびに、そっくりなことを利用し、知恵をしぼって解決していきます。

2人の兄弟愛、ふたごならではの以心伝心連携プレーっぷりが痛快です!!


あとこちらもオススメ。


王への手紙 (上) (岩波少年文庫 574)王への手紙 (上) (岩波少年文庫 574)
(2005/11/17)
トンケ・ドラフト

商品詳細を見る


「王への手紙」 こちらも上下巻あります。

騎士になるための最後の試練の夜、16歳の見習い騎士ティウリは、見知らぬ男に重要な手紙を託されます。
思いがけない使命を与えられ、大山脈のかなたの隣国へと向かったティウリの行く手には、陰険なスパイやさまざまな陰謀が待っていた・・・。 オランダの人気冒険小説。

大人が読んでも十分面白い。 物語が盛り上がるまでは辛抱して読む必要がありますが、ティウリが様々な困難を乗り越えて大きく成長していく姿が良いです。
困難の乗り越え方が、頭を使って相手を説得したり、自分を見つめなおしたりと、非常に現実的なのが特徴。

長い物語ですが、手紙の秘密に引っ張られて、どんどん読んでいけます。

続編に、「白い盾の少年騎士(上下)」があります。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

麻須美。

Author:麻須美。
趣味は、フィギュアスケート観賞と読書。 更新は遅めですが、自分の好きなことについて気まぐれに書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村リンク☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村         にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村     
FC2カウンター
リンクについて
このブログはリンクフリーです。  ご自由にどうぞ☆ 文章の転載はお断りしております。          引用は良識の範囲でよろしくお願いしますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りリンク
                                                              
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。