スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川浩「図書館戦争」

2013.04.27.22:06

図書館戦争図書館戦争
(2006/02)
有川 浩

商品詳細を見る



~あらすじ~

───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。
超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館!狩られる本を、明日を守れ!
敵は合法国家機関。
相手にとって不足なし。
正義の味方、図書館を駆ける!

笠原郁、熱血バカ。
堂上篤、怒れるチビ。
小牧幹久、笑う正論。
手塚光、頑な少年。
柴崎麻子、情報屋。
玄田竜介、喧嘩屋中年。

この六名が戦う『図書館戦争』、近日開戦!


この「図書館戦争」は、図書館でも人気のシリーズ。
有川さんの作品は、好きな作品が多いのですが、この作品はその中でも代表作ですよね。


先日、VS嵐の対戦相手が、この「図書館戦争」の映画出演者チームでしたね

郁に榮倉奈々ちゃん、堂上にV6岡田くん。

特に、郁役の榮倉奈々ちゃんはイメージどおり!!
長身でボーイッシュなキャラクターなので、合ってます。


郁と堂上の恋の行方がドキドキものです
恋愛が軸になってはいますが、戦いのシーンもありますし、エンターテイメントな作品ですね。

登場人物も個性豊かで、面白いですし。 ライトノベル的な感じで、YA世代から大人まで楽しめると思います。まぁ好みは分かれるかもですが・・・


映画の方も、とても楽しみです 




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

小手鞠るい「ガラスの森」

2013.04.22.23:01


ガラスの森(ポプラ文庫ピュアフル)ガラスの森(ポプラ文庫ピュアフル)
(2010/01/05)
小手鞠 るい

商品詳細を見る



~あらすじ~

天才少女ともてはやされながら、怪我が原因のスランプで、
フィギュアスケート界を去らざるをえなかった可南子。
しかし、敏腕コーチに見出され、高校入学を前にペアスケーターとして復帰する。
パートナーとなる2歳年上のナガルは、才気あふれるスケーターだが、強引で傲慢なタイプ。
可南子は徐々に惹かれつつも、素直になれず......。


フィギュアスケートのペア種目をバックグラウンドにした、青春恋愛小説!! 可南子と流のすれ違う恋心が、とても切ない・・・。
あまりにピュアすぎる、可南子の初恋を描いた物語。

フィギュア好きで、ある程度詳しい人には特にオススメしたい小説。
あまり知らない人でも、メインは恋愛なので入り込めると思います。


この小説の続編がこちら

はだしで海へ (ポプラ文庫ピュアフル)はだしで海へ (ポプラ文庫ピュアフル)
(2009/11/06)
小手鞠 るい

商品詳細を見る


~あらすじ~

15歳の切ない「初恋」と19歳の「新しい恋」が交錯する――。
大学生になって、初めて彼氏が出来た可南子だが、かなわなかった初恋相手・流のことが忘れられなくて・・・。

忘れられない初恋と、新しい恋の間で揺れ動く気持ちを描いたラブストーリー。


ピュアだな~~胸がキュンとします
こちらの姉妹編も合わせてオススメです



にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

トンケ・ドラフトの本

2013.04.20.21:59

児童文学は、仕事上たくさん読みますが、最近読んでいるのがドラフト作品です。


ふたごの兄弟の物語〈上〉 (岩波少年文庫)ふたごの兄弟の物語〈上〉 (岩波少年文庫)
(2008/12/16)
トンケ・ドラフト

商品詳細を見る


「ふたごの兄弟物語」 上下巻あります。
グリムやアンデルセンなど、昔話がベースになっている物語です。

ラウレンゾーとジャコモという、そっくりだけど、性格はまったく違うふたごの兄弟のお話。
2人が15歳の時に両親が病死して、仕事を探しますが、2人一緒に働ける仕事がなく、それぞれ別の仕事に就くことになります。色々ななりゆきがあり、ラウレンゾーは金属細工師の下で、ジャコモは泥棒の親方の下でそれぞれ教わることになります。

そんな2人が、盗難事件にまきこまれたり、同じお姫さまを好きになったり・・・。いつも一緒の2人は、事件がおこるたびに、そっくりなことを利用し、知恵をしぼって解決していきます。

2人の兄弟愛、ふたごならではの以心伝心連携プレーっぷりが痛快です!!


あとこちらもオススメ。


王への手紙 (上) (岩波少年文庫 574)王への手紙 (上) (岩波少年文庫 574)
(2005/11/17)
トンケ・ドラフト

商品詳細を見る


「王への手紙」 こちらも上下巻あります。

騎士になるための最後の試練の夜、16歳の見習い騎士ティウリは、見知らぬ男に重要な手紙を託されます。
思いがけない使命を与えられ、大山脈のかなたの隣国へと向かったティウリの行く手には、陰険なスパイやさまざまな陰謀が待っていた・・・。 オランダの人気冒険小説。

大人が読んでも十分面白い。 物語が盛り上がるまでは辛抱して読む必要がありますが、ティウリが様々な困難を乗り越えて大きく成長していく姿が良いです。
困難の乗り越え方が、頭を使って相手を説得したり、自分を見つめなおしたりと、非常に現実的なのが特徴。

長い物語ですが、手紙の秘密に引っ張られて、どんどん読んでいけます。

続編に、「白い盾の少年騎士(上下)」があります。


最近読んでる本。

2013.04.06.23:40

もういちど読む山川日本史もういちど読む山川日本史
(2009/09)
五味 文彦、鳥海 靖 他

商品詳細を見る



もういちど読む山川世界史もういちど読む山川世界史
(2009/09)
「世界の歴史」編集委員会

商品詳細を見る



最近読んでいる本が、こちらの歴史の本。 

昔から歴史は結構好きで、歴史小説(とくに幕末)は結構読んでいますが、通史を読むのは高校生以来じゃないかな・・・と。

まだ少ししか読んでいないですが、中身は教科書を思い出す作り。コラムなども充実してます
もっと詳しく知りたいときは、こちらを読みます↓


詳説 日本史研究詳説 日本史研究
(1998/09/20)
五味 文彦、高埜 利彦 他

商品詳細を見る


詳説世界史研究詳説世界史研究
(1995/07)
木下 康彦、木村 靖二 他

商品詳細を見る



こちらは歴史好きにおすすめ。
とても詳しくて、カラー写真やコラムも多いです。

日本史は、戦国時代・幕末あたりが特に好きですが、どの時代も深く知っていくと面白いですね~。世界史は、ルネサンス期やフランス革命あたり、中国史も面白いですね

学生時代から、歴史はわりと好きな方でしたが、社会人になってから改めて自国の歴史や他国の歴史を深く知りたいと思うようになって、色々買って読んでます。


ビジュアル版 日本史1000人 上巻 -古代国家の誕生から秀吉の天下統一までビジュアル版 日本史1000人 上巻 -古代国家の誕生から秀吉の天下統一まで
(2007/11/26)
滝浪貞子

商品詳細を見る


ビジュアル版 日本史1000人 下巻 -関ケ原の戦いから太平洋戦争の終結までビジュアル版 日本史1000人 下巻 -関ケ原の戦いから太平洋戦争の終結まで
(2007/11/26)
小和田哲男

商品詳細を見る


この人物シリーズが大好き!!! このほかにも色々出ていて、世界史人物とかヒロインとか・・・オールカラーで、たくさんの歴史人物のことを知ることが出来ます

好きな歴史番組は、『その時歴史が動いた』 『歴史ヒストリア』 『ザ・今夜はヒストリー』 『時空警察』 『タイムスクープハンター』など。 『歴史ヒストリア』は今も放送中ですね

歴史番組はためになりますよ~ 今はバラエティが多すぎるので、面白い歴史番組がもう少し増えるといいな~と思うこの頃。 

あと、歴史は関係ないですけど、うたばんや昔のHEY×3のような面白い音楽番組がまた出来るといいな・・・というのも個人的に強く思ってます




にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

気になる本&トリグラフィーSP

2013.03.30.22:47

スケオタあるあるスケオタあるある
(2013/03/28)
スケオタあるある委員会、緒方 貴子(漫画) 他

商品詳細を見る


この本、気になります 買おうかどうか検討中・・・



ジャニヲタあるあるジャニヲタあるある
(2012/09/26)
みきーる

商品詳細を見る


「スケオタあるある」があるなら、こっちも


ジャニヲタあるある フレッシュジャニヲタあるある フレッシュ
(2013/03/22)
みきーる

商品詳細を見る


第2弾もありました(笑) 


スポーツ男子。 (ぴあMOOK)スポーツ男子。 (ぴあMOOK)
(2013/03/30)
不明

商品詳細を見る


こっちもちょっと気になる 表紙は野球の浅尾選手。
サッカーの内田選手とか、バスケの五十嵐選手とか、ボクシングの村田選手とか、各界を代表するイケメン選手がラインナップ

フィギュアからは、高橋選手が取り上げられてるので、買おうかな~と検討中。どのくらいのページ数かにもよるけど・・・
あと、ジャニーズきっての野球少年(?)KAT-TUNの亀ちゃんのインタビューも。

う~~ん・・・まあ様子を見て、今後買うかどうか検討・・・といったところですね


フィギュアB級大会、トリグラフトロフィーSPは、ガチが首位ですね
でも、まだクワドが安定してなさそう・・・得点は、71.68 
2位がカザフスタンのアブザルで、67.08
3位にダイスで、66.69 4位が彰生で、66.25

表彰台争いは、この4人ですね 彰生から下は、15点差あるので・・・ トップのガチと4位の彰生まで、およそ5点。 まだフリーがあるので、誰が優勝するかは分からないですね~

ガチにも頑張ってほしいけれど、ダイスや彰生が優勝する所も観たいんだ・・・


女子のSPは、大庭雅ちゃんが2位に着けてますね

ジュニアのSPも、男子は本田太一くんが2位、女子は松田悠良ちゃんが、それぞれ2位に着けてます


フリーも頑張ってほしいですね


プロフィール

麻須美。

Author:麻須美。
趣味は、フィギュアスケート観賞と読書。 更新は遅めですが、自分の好きなことについて気まぐれに書いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村リンク☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村         にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村     
FC2カウンター
リンクについて
このブログはリンクフリーです。  ご自由にどうぞ☆ 文章の転載はお断りしております。          引用は良識の範囲でよろしくお願いしますm(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りリンク
                                                              
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。